母子相姦もの もうすぐアップ出来そうです

いよいよ仕上げのラストスパート。
来週あたりには登録できる見込みです。

タイトルは「息子に乳スケマンハミエロ下着を強要された母」っていうのに
しようかと思っています。
相変わらず下品なタイトルですね。毎度毎度すみません。

浮気がバレ、罰としてエロ下着での日常生活を強要された母が
下品な下着にふさわしいエロ女へと変貌していくお話です。

久しぶりの母子相姦モノ、胸躍るわ~

とか言いつつ、作業は淡々と進むよどこまでも。
最近作業はかどる~。何か抜けたな。っていう感じ。

やっぱ手を動かしてるのが一番ですね。
作らずに机上の空論奏でてると、頭でっかちになっちゃって良くない。

やっぱさ、告白しないとね。告白。
アイツ俺に絶対惚れてる、間違いない。とか思ってても、いざコクったら全然
現実は違いますよっていうのあるじゃない?マトリックス的な?

それと同じでさ、やっぱ描いて見ないと分からない世界っていうのがあるよね、っていう。
最近では、重要度の低いシーンとか小さい人物とかはあんまり下書きせずにペン入れしちゃうん
ですが、いざペン入れの段になると自分でも思ってもみなかった方向にペンが進んだりして。
おっ、ソコ行きますか?みたいな。
そういうのを楽しめる大人の余裕みたいなもんが出て来たな、と思う今日この頃。

あー最近あんまり喋ってないからかなぁ。出るわ出るわ無駄口のオンパレード。
漫画ばっか描いてるせいもあるのかな。漫画ってさ、スペースに限りがあるじゃないですか。
できるだけセリフが長くならないように一旦テキストで書いたものをゴソッと短くはしょったりするんす。
最初に書いたものと比較すると、完成品は半分以下のテキスト量になるんじゃないかな。
WAVEをMP3に変換するみたいにさ、なるたけ余計な情報を削ぎ落とすんです。
自分はもしかしたら絵を描くよりも文章を書く方が得意なのかも知れない。
だから気を許すとすんごい書いちゃうんですよ。
おいおい、そこまで見せなくていいだろ。どうしてパンチラにとどめておけないんだ!っていう感じで。
このブログみたいにね。

でもさぁ、ムダって大事じゃないですか?
人生の潤いっていうか何て言うか。
そういう潤いをたっぷり心置きなく詰めこんだCG集っていう形態もいいなぁ、って思うわけです。
昔はCG集ばっかり作ってたのになぁ。今は漫画ばっか描いてるなぁ。
別にどっちが良くてどっちが良くないっていう訳じゃないんですよ。念のためね。
ただCG集にはCG集の良さもあるなぁって漫画描くようになってから気づいたって言う話。
たまにはムダをたっぷり詰め込んだCG集もまた作ってみたいなぁ。

っていう願望を書きたかっただけなのに、なんでこんな長い記事になったんだろ??